(こころざし)を持って
すべての活動報告を表示  期間を指定して表示
県議会9月定例会補正予算提出状況説明会
2020/08/29
県当局の9月補正予算編成要領に示されていることは、
 (1) 新型コロナウイルス感染症対策に要する経費
 (2) 「新しい生活様式」を踏まえた取組に要する経費
 (3) 見直し等による事業費の減額
などです。25日の補正予算案説明会では53の事業に対する追加補正予算52億円、事業見直しによる減額24億円、差し引き28億円程度の補正予算案が提出されました。予算案に対しては質問が相次ぎ、説明会は予定時間を大きく超過しました。このあと9月8日に予定されている議案説明会を経て、9月定例会は9月17日から始まります。
(写真1 3密を避けるため、長机に一人が座る)
(写真2 大多数はマスク着用だが、フェイスシールド派もいる)
逆川要望箇所の現地視察
2020/08/27
先日の原野谷川の視察、垂木川・家代川の視察に続いて、本日は掛川市の2級河川逆川沿いの各自治会から出されている修繕等の要望箇所を視察しました。
 暑さが少しは和らいできたものの、まだまだ残暑厳しい中での、そしてコロナ禍のマスク着用での視察でした。
 全国で災害につながる集中豪雨が多発しています。地域の皆様は水の災害を防ぐために、川の状態を健全に保つことに神経をとがらせています。対応する予算は増えているのですが、要望になかなか追いつかないのが現状です。
県下政務調査会長会議のヒアリング
2020/08/24
県議会自民改革会議の政務調査会のメンバーが県内を回っています。現在静岡県には67の自民党市町支部があり、この全支部から順番に政策要望や意見のヒアリングを行っています。
 掛川市には大東、大須賀、掛川の3つの自民党支部がありましたが、平成17年の市町村合併時に私が中心になって1つにまとめました。しかし市町村は合併しても自民党支部はそのままというところも多く、未だに県内には67もの支部があります。
 政務調査会のメンバーは泊りがけで県下8会場を回り、朝から晩まで要望を聞きとり、かつ県当局に回答をさせるという作業を続けています。早くも令和3年度予算に向けてのヒアリングが始まっているのです。本当にお疲れ様です。
 かつて、要望の中で圧倒的に多かったのは道路や河川の整備要望でした。道路は危険の回避、地域の発展、地域住民の皆様の利便性の追求などからの要望で、河川整備は氾濫などの危険を回避したいという思いからの要望です。
 この中で最近急増していたのが、河川堆積土の浚渫と河川や道路の除草要望です。川に堆積する土が目立つ様になってきました。山を守る人の減少と高齢化により、樹木の手入れが行き届かなくなり、山が荒れて保水力が低下し、温暖化による豪雨が加わり、土砂が流れ出る量が増えているのだと思います。
 雑草もやはり草を刈る人の減少と高齢化により伸び放題、しかも温暖化により草が成長する速度が上がっていると感じています。
 税金を投入してこれらに対応するのには限界があります。完全に対応するには莫大な予算が必要ですし、対応したとしてもまもなく元に戻ってしまいます。このままではいずれ河川は土に埋もれ、道路が雑草に覆われる日がやって来るかもしれません。草刈りの機械化を進めるなどの知恵を絞る時期です。
 最近のもう一つの特徴は、これからの地域社会の在り方、多文化共生社会の構築、産業の育成などのソフト対策が増えていること、そして今年は新型コロナウイルス対策が目立っています。政策要望は減るどころか増える一方です。
[1]・23・・最終ページ