(こころざし)を持って
すべての活動報告を表示  期間を指定して表示
県議会6月定例会始まる
2020/06/19
昨日から静県議会6月定例会が始まりました。通常開会日は知事の所信表明、知事提出議案の審議(上程、説明、質疑)などで終わりますが、今回は新型コロナウイルス対策補正予算案を先議するために7つの常任委員会を開催し、7委員会終了後の本会議で議案の採決までが一気に行われました。本会議終了は夜まで掛かりましたが、補正予算案は無事可決しました。新型コロナ対策が少しでも早く実施できるようにとの議会対応です。
県議会6月定例会あす開会
2020/06/17
あすから開会する静岡県議会6月定例会には586億9,600万円の補正予算を始めとして、18件の議案と13件の報告が上程されます。ちなみに、昨年の6月定例会の補正予算額は4億6,200万円でした。今回の補正予算額の大きさが際立ちます。そしてその大部分は新型コロナウイルス感染症に関わるものです。

 2月定例会では令和2年度当初予算案と同時に補正予算案が提出され、4月臨時会、5月臨時会と続けて臨時会が開催され補正予算案が提出されてきました。いずれも新型コロナ対策予算です。新型コロナウイルス対策に万全を期することは最優先事項ですが、お金の心配があることも事実です。この後の財政管理が例年以上に重要になります。議会の責任も重大です。

(写真2 自民改革会議での6月定例会議案説明会。38名の大所帯、ソーシャルディスタンスを保つために一番大きな会議室で開催した。)
5月臨時議会
2020/06/15
5月20日に開催された静岡県議会5月臨時会では、新しい正副議長の選挙、常任委員会の委員及び正副委員長の選任、議会運営委員会の委員及び正副委員長の選任、2つの特別委員会の設置、新型コロナウイルス感染症対策に関する経費の補正予算案の審議、新型コロナウイルス感染症対策に関する国への意見書の決議、新型コロナウイルスに打ち勝つ静岡県民支え合い基金条例の設置などを決定しました。

 特別委員会は新型ウイルス等感染症対策、情報通信技術利活用の2つが設置されました。これから一年を掛けて情報収集、調査、議論を重ね議会としての提言をまとめます。私は副委員長として新型ウイルス等感染症対策特別委員会に参加をします。

(写真1 本会議もソーシャルディスタンスで)
(写真2 委員長報告をする私)
[1]・23・・最終ページ